サルでも分かるHTMLとCSS

HTMLはホームページの記述言語

ホームページはブラウザと言うアプリケーションを使う事でページを表示してくれますよね。写真が掲載されていたり、表組になっていたり、見やすいページに仕上げられています。しかし、現在目にしているホームページはブラウザがHTMLを変換して見やすいものに変えてくれているのです。
ホームページの記述言語と言うのはHTMLと言う言語で、インターネットのアクセスを行うとホームページが格納されているウェブサーバーにリクエストを送り、ユーザーの元にHTMLが戻ります。
しかし、HTMLと言うのはタグと呼ばれている要素で文書が囲まれているもので、ユーザーは何が書かれているのか理解し難いのです。
ウェブブラウザはHTMLを先頭から読み込み、ユーザーに見やすい形に変換してくれるのです。

CSSはホームページのデザインを作り上げます

HTMLはタグと言う要素に文章を囲んで記述が行われていますが、HTMLの要素だけではデザインを作り出す事が出来ません。CSSはカスケードスタイルシートと呼ばれているもので、HTMLのデザインを作り上げる時に利用するスタイル情報です。
要素には属性としてスタイル属性などの属性を与える事が出来るようになっているのですが、スタイル属性にCSSの情報を追加する事でページデザインを作り上げる事が出来るようになります。
また、CSSはHTMLページ内にリンク情報を付加すれば外部ファイルとして保存する事も出来ます。共通のCSSを使うHTMLページが複数ある時などは、外部ファイルとしてCSSを保存しておくとメンテナンスの時などにも便利です。